1日24時間の配分

 1日24時間は誰でも同じ持ち時間。何かをすれば他の何かをする時間が少なくなるのは当然です。あれもこれもと思っても、できる時間は限られたほんの少ししかありません。

 1日24時間あると言っても、誰でも絶対必要で、最初から差し引かなければならない時間がありますね。それは、睡眠時間、食事時間、それに排便時間です。この時間は、人それぞれに差こそあれ、誰もが絶対必要な時間です。

 例えば、私の場合は、睡眠時間:7時間、食事時間:1時間30分、排便時間:15分として、単純に計算しても合計8時間45分。それに、休憩や会話等の時間を含めると、9時間30分は最低除いておかなければなりません。となると…。私の1日の持ち時間は、14.5時間しかない計算になります。

 これを基にして平日の時間配分をした場合、新聞・TVニュース閲読視聴時間:45分、洗顔その他準備時間:15分、通勤ウォーキングに往復2時間(これが私の運動時間)、勤務時間8時間、入浴時間40分を差し引くと、残りの自由時間は、わずかに2時間50分しかありません。

 この2時間50分のほとんどは、阪神タイガースの応援観戦時間に使われて一日が終わります。ええーッ!?それじゃ、このネットは一体いつするのかって!?(^0^)

 ネットのほとんどは、ながらネットってやつですね!その大半は、ラジオでの「野球観戦しながらネット」です。これで十分楽しめますよ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック